Works

塵芥車(MT車)のギアが入らないを解消!クラッチオーバーホール

整備
塵芥車(MT車)のギアが入らないを解消!クラッチオーバーホール

街の衛生環境維持に活躍する塵芥車(ゴミ収集車・マニュアル車)の修理事例です。比較的新しい車ですが、エンジン始動時にシフト(ギア)がうまく入らない、ということでご入庫いただきました。

名古屋市緑区、港区、南区、大府市、東海市、豊明市、東浦町、刈谷市、知立市、知多市で車のお困りごとがあれば、共和モータースへ。

車種情報

  • 車種名
    日野 レンジャー

修理内容

今回はクラッチが完全に切れていない(動力の遮断が完全ではない)ためシフトが入らなかったようです。

以前にシフトチェンジがスムーズにいかない、ということでグリスを数ヶ月ごとに何回か差している車でした。

ミッションを降ろし、クラッチのオーバーホールを行います。

結果としてオーバーホールを行うことで問題なく走行可能となりました。

原因

今回クラッチのオーバーホールをしたところ、通常乾いているクラッチディスクやクラッチカバーがベトベトしていました。

おそらくレリーズベアリングに差されたグリスが熱で溶けてクラッチ全体をベトベトにしたと思われます。

その後、溶けたグリスが原因でクラッチディスクがフライホイールもしくはプレッシャープレートに張り付いたような状態になりシフトチェンジの邪魔をしていた様です。

 

その他のクラッチの修理事例も参考にしてください。

ハイゼットカーゴ(MT車)のギアチェンジ不可を修理!クラッチ交換

クラッチ滑り(クラッチディスク摩耗)につき走行不能車の修理

塵芥車(ゴミ収集車)クラッチきれない・シフトチェンジできない

大型車 車検実績(11月)クラッチオーバーホール

軽自動車から大型車両まで、車の整備は共和モータースへご相談ください。

車検など車のことなら私たちにご相談ください。

整備技術スタッフが車検や定期点検、急なトラブルの対応などトータルでサポートさせていただきます。

関連お知らせ記事

ブログ