Works

走行中に異音がして走行不能に | オルタネータ交換

整備
走行中に異音がして走行不能に | オルタネータ交換

「走行中に異音がしてエンジンが止まってしまった」「エンジンルームから煙が出ていた」ということで入庫いただきました。ダイハツ・ミラジーノの修理事例です。

名古屋市緑区、港区、南区、大府市、東海市、豊明市、東浦町、刈谷市、知立市、知多市で車のお困りごとがあれば、共和モータースへ。

車種情報

  • 車種名
    ダイハツ ミラジーノ

入庫状況

走行中に「ガガガガ」という音がしてエンジンが止まってしまった、ということでレッカーでご入庫いただきました。

当社の前に数件 別の車屋さんに修理を依頼したものの、原因がよく分からず修理できなかったそうです。

点検 及び 原因

エンジンを点検していくとオルタネータが焼き付いてしまって回転しなくなってるようでした。

オルタネータはエンジンとベルトで繋がれており、エンジンの回転で回転する発電機です。

オルタネータで発電された電気で、ヘッドライトやエアコンなどの電装品も動きます。

老朽化したオルタネータが焼き付いて回らなくなったのが今回のエンジン停止の原因のようです。

エンジンの力で回らない状態のオルタネータは人の力ではとてもじゃないですが、回りませんでした。

オルタネータが焼き付いたことでベルトも熱で変形してしまっていました。

正常な部分と比較してみてくださ。

修理内容および費用

修理内容は単純にオルタネータの交換およびベルトを2本交換しました。

オルタネータは高いのでリビルト品を使います。

オルタネータはリビルト品でも税抜17,000円強します。

なかなかの高額パーツです。

工賃+オルタネータ・ベルト2本(税抜2,600円程)交換で税込で39,000円弱といった費用となりました。

 

車検・点検・整備のことなら共和モータースへご相談ください。

車検など車のことなら私たちにご相談ください。

整備技術スタッフが車検や定期点検、急なトラブルの対応などトータルでサポートさせていただきます。

関連お知らせ記事

ブログ