Works

クラッチオーバーホール | ギアの入りが悪いトラック修理

整備
クラッチオーバーホール | ギアの入りが悪いトラック修理

アームロールのクラッチオーバーホール事例です。「ギアの入りが悪い」ということで入庫いただきました。クラッチが完全に切れていない様子であり、オーバーホールを実施しました。

名古屋市緑区、港区、南区、大府市、東海市、豊明市、東浦町、刈谷市、知立市、知多市で車検や車のお困りごとなら、共和モータースへ。

車種情報

  • 車種名
    日野 レンジャー 新明和 アームロール

修理内容

「ギアの入りが悪い」ため入庫いただいたアームロールの修理です。

クラッチが完全に切れていない様子であり、オーバーホールを実施します。

ミッションを下ろして点検していきます。

クラッチディスクのトーションスプリングが破損していました。

以前にも似た事例がありました。クラッチのプレートが破損し、トーションスプリングも破損。破損した破片が邪魔をしてクラッチを切れなくする、というものです。

塵芥車(パッカー車)クラッチきれない・シフトチェンジできない

今回も原因は同じで、破損したスプリングが原因でクラッチが切れなくなったようです。

オーバーホール完了し、無事走行可能になりました。

車検など車のことなら私たちにご相談ください。

整備技術スタッフが車検や定期点検、急なトラブルの対応などトータルでサポートさせていただきます。

関連お知らせ記事