News

クルマのブレーキに水ではなくオイルを使う訳 ブレーキオイル(ブレーキフルード)

ブログ
クルマのブレーキに水ではなくオイルを使う訳 ブレーキオイル(ブレーキフルード)

車のブレーキにオイルが使われていることについて疑問を持ったことはありませんか?
軽自動車でも普通車でもブレーキには油圧を使ったシステムが使われています。
車検のたびに交換もされているけど、交換しないといけないの?というご質問もいただきます。
そんなブレーキオイル(ブレーキフルード)についての疑問にお答えします。

オイルを使う訳

多くの車は油圧の力を使ってブレーキをかけるのですが、圧力をかけるだけならオイルではなく水でも問題ないと思われます。

ただ、水は鉄を錆びさせ、シール(油や水が漏れないようにするゴムパーツ)を劣化させます。

水はオイルよりサラサラ(粘度が低い)なため漏れるリスクが高まります。

水は低温になれば凍り、高温になれば膨張(気化)します。これでは寒冷地やブレーキが高温になった時に機能しなくなります。

こうした欠点があることから車のブレーキに水ではなくオイルが使われます。

油圧が効かないとどうなる?

ブレーキは油圧の仕組みを使って、車を減速・停車させます。

油圧が効かない状態になるとブレーキペダルを何の抵抗もなく奥まで踏み込めてしまいます。

ペダルを奥まで踏み込んでしまうと、もうそれ以上ブレーキに圧力をかけることができません。

以前に油圧が全く効かない車両が当社へ運ばれてきましたが、ブレーキがかからないため車を停車させるためにサイドブレーキを使う必要がありました。

サイドブレーキは力も弱いですし、走行中に何度も使っていれば壊れてしまうかもしれません。

ブレーキの点検は欠かさず行なってもらいたいです。

交換時期

ほとんどの場合、ブレーキオイルの交換目安としては車検のタイミングでの交換で問題ありません。(年間走行距離が多い方はもう少し頻繁に変えた方がいいかもしれません。整備士にご相談ください。)

当社でも車検の際にブレーキオイルを交換します。

ブレーキオイルは上記のように凍らず、高温でも力を発揮してくれますが劣化していきます。

「私はあまり車に乗っていないのにオイルが劣化するの?」と言われる方もいらっしゃいますが、ブレーキオイルは空気中の水分を取り込むことによって劣化します。

全く乗っていない車でも、ブレーキオイルが空気中の水分(湿気)を吸って劣化してしまうリスク(ブレーキが効きづらくなるリスク)があります。

一年中車に乗らないで、除湿機が稼働し続けているガレージで保管してる人はいないと思いますので、車検の際には基本的には交換させていただきます。

車検代を安くするために、ユーチューブなどを参考に「自分でもブレーキフルードの交換くらいできそう!」と言ってご自身でフルード交換しようと思っている方もいるかもしれませんが、当社であればブレーキオイル交換キット等を揃えるより安く施行できます。

車検時交換で税抜き1,000円程度です。

自分で施工した結果「ブレーキが効かなくなりました」は避けたいです。

車検時にブレーキフルードの交換をしていただき、安心して乗れる状態をキープしてください。

車検など車のことなら私たちにご相談ください。

整備技術スタッフが車検や定期点検、急なトラブルの対応などトータルでサポートさせていただきます。

関連お知らせ記事

関連実績記事