News

知らないと損するかも?自動車のメーカー保証(普通車・軽自動車)

ブログ
知らないと損するかも?自動車のメーカー保証(普通車・軽自動車)

新車を買うメリットの一つとして、故障時のメーカー保証がしっかりしていることがあります。高い買い物にはメーカー保証がついていると安心できますね。皆さんはメーカー保証を受けることができる条件について知っていますか?知らずに損をしている人もいるかもしれません。

名古屋市緑区、大府市、東海市、豊明市、東浦町、刈谷市、知立市、知多市で車のお困りごとがあれば、ダイハツ大府•共和モータースへご連絡ください。

新車を買うとついてくるメーカー保証。

納車の時に担当営業マンから説明があったと思いますが、内容については覚えていますか?

高い買い物にメーカー保証は重要。

この機会にメーカー保証を確認しておきましょう。

メーカー保証とは

自動車のメーカー保証について簡単に説明すると、「消耗品(タイヤ、チューブ、バッテリー)を除く部品に、不具合が発生したときに保証による無料修理もしくは不具合のある部品を交換・補修すること」を言います。

「不具合があるから別に新車を用意する」「修理に必要な金銭を提供する」という保証の仕方はしないことに注意が必要です。

「先に修理を行い、修理後にお金を請求する」という保証も不可となります。

ダイハツ車の場合、保証修理のためには車を購入したダイハツ販売会社もしくはダイハツ認定のサービス工場への持ち込みが必要です。

当社整備実績もご参考にしてください。

保証の種類・期間

保証には主に「一般保証」と「特別保証」があります。

一般保証

一般保証は特別保証部品を除く部品が対象となります。

当社であった一般保証の事例です。

「飲み物のホルダーが走行中にカタカタ音を立てる」「スマートキーが効かなくなり、受信装置を交換する」「ミラーが電動で動かなくなり交換する」「エアコン(冷房)が効かない」など。

メーカー保証でなければ、10万円程度費用のかかりそうなモノもあります。

保証期間は新車登録の日から3年(走行距離60,000kmまで)なので、初回車検までが期限と覚えておけばいいですね。初回車検は不調がある場合、メーカー保証で修理できないか、確認したほうがいいです。修理した後では保証を受けることができなくなってしまいます。

特別保証

特別保証はエンジンや、動力伝達機構、電子制御など車の走行に重要なパーツを保証しています。

修理の例で行くと、「ドライブシャフトブーツ」「タイロッドエンドブーツ」「ステアリング」あたりの不調を見かけることがあります。

発生すると深刻な故障もありますので、しっかり修理してもらいましょう。

保証期間は新車登録の日から5年間(走行距離100,000kmまで)なので、2回目の車検までと覚えておきましょう。

注意点

一般保証・特別保証のどちらにも言えることですが、保証方法は無料の保証修理です。また、保証修理を受けられる工場はダイハツ販売会社またはダイハツが認めたサービス工場になります。

対象外のサービス工場で車検を受け、その際に修理をしてしまった場合(修理が完了しているため)保証が受けられません。2回目までの車検は購入店で車検を受けるのが無難だと思われます。

保証を受けるために行う必要のあること

頼もしいメーカー保証ですが、車を所有しているオーナー様にもやっておかなければならないことがあります。

それは「メンテナンスノートに示された整備」「取扱説明書等に従った正しい取扱・手入れ」です。

つまり、「新車だから大丈夫」と思い込み、定期点検やオイル交換などをしていないと「保証が受けられない」可能性があるということです。

車の正規販売店の多くでは「メンテナンスパック」などお得で保証に必要な定期点検オイル交換などの条件を満たせる商品を販売しています。そういった商品を利用すればより安心ですね。

また、普通ではな使い方(レース・ラリーなど車両の酷使、限度を超える乗員数、エンジン回転数、走行速度など)をしないことも必要です。

中古車の場合

最近は従来の中古車だけでなく、新車のような中古車(新古車)に乗る方も増えました。

中古車の場合でも新車登録の日から3年以内であれば一般保証、新車登録の日から5年以内であれば特別保証を受けることが可能です。

ただし、メーカー保証は保証書に名前が記載された方にだけに有効なモノなので、保証期間が残っていても使用者が変更になると保証修理を受けることができません。

中古車はメーカー保証を受けるために保証の継承手続きが必要です。

ダイハツの車であればダイハツ販売会社へ自動車とメンテナンスノート(保証書含む)をお持ちいただき、「有料点検整備」と「継承手続き」を受ける必要があります。

新古車などの中古車を購入の場合は、メーカー保証を継承するためにも上記有料点検と承継手続きを受けることをお勧めします。

ダイハツ保証書

最後にダイハツ(キャンバス)の保証書を掲載します。

ご自身の車の保証書も一度ご確認するといいですね。

車検など車のことなら私たちにご相談ください。

整備技術スタッフが車検や定期点検、急なトラブルの対応などトータルでサポートさせていただきます。

関連お知らせ記事

関連実績記事