News

自動運転(自動運行装置)には必須整備?エーミング

ブログ
自動運転(自動運行装置)には必須整備?エーミング

自動運転とまではいかないまでも、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)やアダプティブクルーズコントロール(ACC)、車線逸脱防止支援システム(レーンキープアシスト)などの電子制御がついた車の点検や車検はどこに依頼したらいい?と疑問に思ったことはないでしょうか?センサーやカメラなどの安全装置がついた車だからこそ、しっかり整備して安全運転に努めていきたいですね。
電子制御が正常に作動するか確認・調整する整備がエーミングです。

エーミングとは

エーミング

エーミングとは、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱防止支援システム、ACCなどの自動運行装置が正しく作動するかチェック・調整する作業のことです。

最近の車は安全装置を電子制御で働かせるために、たくさんのカメラやセンサーが搭載されています。

これらカメラやセンサーなどの自動運行装置の交換・修理・付属するパーツの着脱等をする際、エーミング作業を行います。

整備例

具体的にはセンサーやカメラのついたフロントガラスが飛び石で割れてしまった場合、ガラスの交換作業とともにエーミング作業を行い、自動運行装置が正常に作動するか確認します。

そのほか、バンパーやグリルの交換、自動運行装置の取り外し、フレームを修正するような板金塗装の際などには必要となります。

エーミング可能な整備工場とは

エーミング作業ですが、国土交通省から特定整備と認定されており、作業には認証が必要となります。

認証を得るには必要な工具や作業環境を整え、講習の受講や試験を受け整備資格を得る必要があります。

2024年10月からはエーミングを行わないと、車検に合格できない場合も出てきます。

安全で快適に自動車に乗っていただくためにも、エーミングはしっかり行いましょう。

車検など車のことなら私たちにご相談ください。

整備技術スタッフが車検や定期点検、急なトラブルの対応などトータルでサポートさせていただきます。

関連お知らせ記事

関連実績記事