News

持ち込み部品を使った修理について | 持ち込み部品のリスク

トピックス ブログ

稀に持ち込み部品の取り付け(修理)のご依頼をいただくことがあります。部品の持ち込みについてはいくつか注意点がありますのでご確認ください。

名古屋市緑区、大府市、東海市、豊明市、東浦町、刈谷市、知立市、知多市で車のお困りごとがあれば、ダイハツ大府•共和モータースへご連絡ください。

注意点① 溶接・切断・加工などの必要がないこと

注意点①は「溶接・切断・加工などの必要がないこと」です。

特に純正部品以外の持ち込み部品は要注意です。

ボディの形状に合わず取り付けできないことがあります。

また低年式車(古めの車)もご注意ください。

純正品やD-SPORTなどの部品でも、フレームの歪みなどで取り付けできないことがあります。

上の写真はD-SPORTのサイドシル補強バーを取り付けた際のものです。部品を合わせてみたところボルトが取り付けで来ませんでした。

少し削るだけだったためオーナー様の了承をいただき、削って取り付けしましたが、基本的に持ち込み部品の溶接・切断・加工は行いません。

注意点② 保安基準に則った部品であること

注意点②は「保安基準に則った部品であること」です。

当社では車検に通らないような部品の取り付けは一切行いません。

取り付ける部品が車検に通ることが確実、もしくは確認できる場合であれば取り付け可能です。

また、本来あるべき部品の取り外しも行いません。

以前に「後ろのシートを取り外して欲しい」というご依頼をいただいたことがありますが、お断りしております。

理由は本来ついているはずのシートがない状態では車検に通らないからです(本来の乗車定員数分の座席が用意できていないため)。

「座席がないと違法(整備不良)」とはなりませんが、車検に通らなくなる作業はお受けできません。

注意点③ 部品品質に責任を持てないこと

注意点③は「部品品質に責任を持てないこと」です。

部品を取り付けた結果、「うまく作動しない」「ガタガタする」「サイズが違う」「部品が壊れている」「適合車ではなかった」などの状態に対して保障(補償)はできません。部品を購入されたお客様の責任でご対応お願いします。

また、部品が破損してしまった場合、当社の作業に問題があったのか、部品に欠陥があったのかはっきりしません。持ち込み部品でもしっかり作業はしますが、最終的な責任を当社では負いかねます。ご注意ください。

注意点④ 工賃が増加する可能性

注意点④は「工賃が増加する可能性」です。

既存の部品であれば正確な見積もりを出すことはできますが、社外の部品や部品の種類を正確かつ事前に把握できなかった場合など、実際に作業をしないと金額が分かりません。

初めに見積もった概算金額を超える場合もありますのでご注意ください。

インターネットで購入した部品は安いですが、取り付け段階でのリスクはあります。

高額部品はより慎重に検討いただきたいです。

悩んだらダイハツ大府共和モータースへご相談ください。

車検など車のことなら私たちにご相談ください。

整備技術スタッフが車検や定期点検、急なトラブルの対応などトータルでサポートさせていただきます。

関連お知らせ記事

関連実績記事