News

意外と怖いオートローン | 高金利にはご注意を!

トピックス ブログ

軽自動車・普通車問わずオートローンは自動車購入の重要項目の一つです。ディーラーや販売店と価格交渉を頑張っても、金利一つで価格交渉より遥かに高いお金を払うことになりかねません。元銀行員の当社営業スタッフが金利についてお伝えします。

名古屋市緑区、大府市、東海市、豊明市、東浦町でお得に軽自動車、小型車(普通車)新ロッキーHEVをお探しなら是非ダイハツ大府へご来店ください。おすすめの軽自動車、小型車を揃えてお待ちしております。

オートローンとは

オートローンは新車・中古車を購入するときに使用する支払い方法です。

オートローンを契約するとクレジット会社が販売店(車屋)に車の代金を立替払いし、立替払いされた金額に分割手数料を加えた金額を購入者が月々払いでクレジット会社に支払っていきます。

分割手数料部分は実質年率〇%と表記されます。

一般的に「車屋でローンを組む」という場合はオートローンに該当します。

特徴は審査が速く・通りやすい、手続きの手間が少ないです。

ほとんどの場合即日審査結果がわかります。銀行ローンと比較すると審査に落ちることは少なく、書類を少し書くだけで契約が完了します。

金利(分割手数料)幅は大きく、一般的な水準では3%程度から10%近いものもあります。

銀行などで利用するマイカーローンは金利水準は低い傾向にありますが、「わざわざ銀行窓口に行く必要がある」「審査から融資実行までに時間がかかる」「低金利のために取引銀行を増やさなければいけない場合がある」「きっちり審査書類を揃え、支払完了(領収書のコピーや振込伝票など)の確認までされる」など手間や時間がかかることを理由にオートローンを利用する方は多いです。

金利(実質年率)の違いで生まれる差額

金利(実質年利)の違いでどれくらい支払金額が違うか計算してます。

返済日やボーナス返済の有無などの条件によっては金額が多少変わってきます。ご了承ください。

計算の前提は元金(借入金額)200万円、契約(借入)期間5年、ボーナス返済なしの条件で、金利3.5%、5%、6.5%、8%、9.5%で比較しています。

表を見れば明らかですが、金利が上がれば月々の支払額が上がり、支払利息(分割手数料)も増加します。

3.5%9.5%を比較すると月々の支払いに5,620円の差が生まれ、支払利息(分割手数料)は337,200円の差が発生する計算です。

(2022年3月時点)ダイハツのロッキーに「純正9インチナビ」「ドライブレコーダー」「パノラマモニター装着用アップグレードパック」を値引きなしに装着してもお釣りがもらえる金額です。

ダイハツ大府のオートローン金利

ダイハツ大府でもオートローンを取扱しております。

ダイハツ大府オートローン金利は3.5%(新車)です。

かなりお得な水準でオートローンを取り扱っております。

新車購入のご検討は是非ダイハツ大府へお越しください。

車検など車のことなら私たちにご相談ください。

整備技術スタッフが車検や定期点検、急なトラブルの対応などトータルでサポートさせていただきます。

関連お知らせ記事

関連実績記事